ENTRIES
COMMENTS
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ネバブログ

日々を生きるぶろぐ。
<< スカイリム プレイ日記04 | main | スカイリム プレイ日記06 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
スカイリム プレイ日記05

ところで、リフテンでブラック・ブライアハチミツ酒の樽を預かって、荷物の重量の大部分を占められてしまっている。
まずは早めにこの樽を届けてしまおうと思い、朝からホワイトランを出発することにした。
目指すはイヴァルステッド。
まだ行ったことが無い所だ。
地図によると、ホワイトランから見える山向こうのあたりにあるので、今回はのんびりと歩いて旅することにした。
ブラック・ブライアハチミツ酒は、リフテンの盗賊ギルドのリーダーである女性、メイビン・ブラック・ブライアが取り仕切って作っているハチミツ酒らしいが……まあここは知らないふりをしておこう。


お昼頃には山の麓の街道をぐるりと回って、山の裏側までは来ていた。
そういえば言っていなかったが、ジェナッサという女剣士に護衛を頼んで、ここ最近は二人で旅をしている。
パンと野菜スープの昼食をとったあと、少し歩いたところにハチの巣があるのを見つけた。
ハチの巣を見るのは初めてで、少し怖い思いをしながら錬金術用に側でハチを何匹か捕った。


夜までには到着するだろうと目処が立ってきたところで、途中、何かに脅える女性と出会った。

話を聞くと、今まで山賊に捕まり閉じ込められていて、逃げてきたが道に迷ってさまよっていたそう。
街まで付き添おうかと提案したが、道はもう知っているそうで、その山賊の居場所だけ教えて貰った。ミスとウォッチという場所らしい。

予想以上にかなりの山道を登っていく。

ずっとくねくねと登り続けて、とある谷あいに着くと、何やら怪しい雰囲気を醸し出す場所があった。
まずヘラジカの死体が見え、近寄ると二人のストームクロークらしき死体が二つあった。

男の死体の懐にはメモがあり読むと、どうやらこの付近で起きた襲撃の原因を鎮めてこいとこの二人が送られたらしかった。
オオカミの仕業だろうとメモでは予想していたが、結局二人は死体となっていた。
先ほどすぐそこでトロールを一体倒したのだが、それだろうか?
ここの異様な雰囲気は、それだけではない何かあるような気がするけれど……。

また、ここにはオリハルコンの鉱脈があった。
一応、場所を示しておく。


漸くイヴァルステッドに到着し、宿屋の主人にハチミツ酒樽を渡すことができた。
これで大分荷物が軽くなった。
今夜はここに泊まることにする。
またここには素敵なリュート奏者がいて、特別な曲を披露してくれた。
懐かしいような切ないようなリュートの音色が、心にじんわりと響いた。


先ほどの怪しげな場所で、男の死体が持っていた本が気になっていたので寝る前に読んだが、重装鎧について書いた本で、特に関係はなさそうな感じだった。

あれは一体何だったのだろうか……?
| ゲーム | 21:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:51 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hanamine.jugem.jp/trackback/766
トラックバック